高校を転校する方法について

退学ではなく転校するべき

高校に進学したものの、校風や人間関係に馴染めず辞めてしまいたと悩んでいる方もおられると思いますが、退学してしまうと学歴が中卒となり、将来就職する際に学歴の面で選択肢が狭まることになるのでかなり不利になってしまいます。退学ではなく、高校を転校する方法もあります。勿論、高校の場合は試験もあるので小中学校のように簡単に転校できる訳ではありませんので、転入するためのシステムをよく理解した上で決断されることが望ましいです。

出席日数条件を満たすことが第一条件

高校生の転校については条件が付されていますが、まず第一に出席日数です。受け入れる学校によって条件は若干変わってきますが、ある程度の出席日数が確認できないと転校とは見なされません。不登校の人の場合はこの条件がクリアできない可能性があるので注意が必要です。そして義務教育ではないので必ずしもすべての学校に転校できるとは限りません。各学校に問い合わせをした上で転入できるかを確認した上で転入試験を受けることになります。

公立と私立の違いと夜間高通信制という選択

公立と私立の違いについてもしっかり確認することです。私立高校は欠員の状況にもよりますが、公立よりも転入者の受け入れは寛容です。しかし学費の関係で授業料の安い公立を希望される人が多いと思います。公立は欠員がないと基本的に転入試験を行いませんので、希望しても受験できないこともあります。学費の面で私立には行けないのであれば公立の夜間高という選択もあります。夜間高は全日制よりも受入れが緩和されているようですし、人間関係などの面で不安がある場合には通信制高校もあります。費用の面や転校をしたいという事情を勘案した上で進路を決めことが望ましいでしょう。

高校を転校するときは、転校先の高校との間で単位の認定の判断をしなければなりません。現在の高校の担任の先生に確認を取ってもらうべきです。