年収一千万円も十分狙える!?司法書士資格の概要

司法書士は登記の専門家として知られている

司法書士というのは、登記の専門家のことです。不動産登記はもちろん、その他にも法人登記も代行します。登記代行の仕事は割と報酬もよく、儲かる仕事だと言って間違いはないでしょう。登記代行をしているだけでも、年収一千万円を突破することは難しくありません。独立開業も可能な資格職であって、大変安定した身分が手に入ります。将来性も悪くはありませんから、狙い目ではあります。弁護士資格と並ぶ、最難関国家資格なので、ステータスも高いです。

司法書士になるための試験について

司法書士になるためには、年に一回行われる司法書士試験に挑戦することとなります。短答式と記述式に分かれていて、特に記述式試験の難易度が高いと言われています。記述式の試験においては、実際に登記の作業をしていくこととなります。普通に法律の勉強だけをしていては合格することができません。登記の仕方を細かいところまで覚えておかなければなりませんから、可能なら専門学校に行って、一からやり方を教えてもらうのがベストでしょう。独学では難しいものがあります。

晴れて合格をした後はどうするのか

合格をすれば、登録をするだけで司法書士として実際に働き始めることができます。弁護士のように研修制度はないので、すぐに現場にも出ることができるわけです。ただ、何も分からない状態で外に出ても上手く稼ぐことはできないでしょう。多くの方が、すでにある司法書士事務所に就職をします。そこで技術を学び、その後独立をして開業にこぎつけるというパターンを選びます。実際に仕事をするときには試験の知識が使えないことも多いですし、先輩から仕事の仕方を学ぶのがセオリーです。

司法書士の試験は十分勉強しても不合格となる試験です。二次試験は一次試験に合格する学力があれば合格できます。